4年ぶり、10回目の全国大会!
去る11月18日、東大阪市花園ラグビー場にて「第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会」大阪府第2地区予選・決勝が行われ、大阪朝鮮高級学校が同志社香里高校を38対12で退け、4年ぶり10回目となる全国大会出場を決めました。
晴天に恵まれた決勝当日、いつも通り大阪朝高の選手たちが組んだ円陣から雄叫びのような勇ましい掛け声がグラウンドとスタンドに響き渡りました。
定刻通りに鳴ったキックオフのホイッスルを合図に大阪朝高の果敢なアタックが同志社香里ゴールを再三にわたり脅かします。
開始2分、敵陣でのモールを押してそのまま決めたトライが象徴するように、ゲームは終始、統制のとれた大阪朝高の組織プレーが、縦横無尽に展開する同志社香里の機動力を抑え主導権を握り続けました。
終了間際にも大阪朝高がモールからのトライを決め、磐石の試合運びで4年ぶりの優勝を決めました。同時にそれは、10回目となる全国大会への出場権を意味します。故に、選手たちとスタンドを埋めた応援団の喜びもひとしおでした。
強豪ひしめく全国の舞台に、大阪府代表として臨む選手たちのモチベーションは俄然上がっています。

 

選手たちは2010年度から始まった「高校無償化」制度の適用を受けられず除外され続けている大阪朝鮮高級学校に進み、ラグビーに打ち込むことを選んだ生徒たちです。厳しい練習の合間を縫って街頭に立ち、民族教育への理解と差別政策の是正を訴える活動にも幾度となく参加してきました。
「無償化」からの除外ばかりでなく、大阪府・市からの補助金支給停止など、官製ヘイトと、世間にあふれる排外主義にまみれた口汚いバッシング。彼らの敵は、むしろグラウンドの外にいました。
「好きなスポーツでNo1になりたい!」
逆風に抗い、結束を武器に一歩ずつ前進を続け、ついに「花園」への切符を掴み取った朝高選手たちの胸に去来する思いはこれほどシンプルでも素朴でもありません。苦しい状況の中でも朝鮮学校に送ってくれた親たちの思い、殺伐とした社会の中で頑張る選手たちの姿から民族の誇りを取り戻した同胞たちの思い、大阪府代表の座に一歩及ばず涙を飲んだ先輩たちの思い…。これらすべての思いを背負い、「重圧」ではなく「力」に変えて勝ち進んできた選手たちは、全国の舞台でも力強くスクラムを前へと進めてくれることでしょう。
彼らの背中を押すのは私たちが送るエールです。
ぜひ一緒にスタンドから選手たちに勇気を届けましょう!選手たちはきっと我々に希望を与えてくれるはずです。
12月27日。
朝高ラガーマンたちの熱い戦いが始まります。