Newsロゴ.png
◆研究者有志たちによる政府の不当な介入に対する抗議声明詳しくはこちら
◆韓国で134の市民団体が日本の裁判所に教育の平等を求める声明詳しくはこちら
◆アムネスティ日本が日本政府に対し、朝鮮学校への補助金交付問題を要請要請文はこちら
◆無償化連絡会・大阪が河村たかし名古屋市長に抗議文を送りました。抗議文はこちら
“重大な人権侵害” 大阪弁護士会が「補助金問題」で声明発表声明文はこちら

● 日本弁護士連合会「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」NEWアイコン01-01.jpg会長声明はこちら

12138420_901269466626220_7404950519178535864_o.jpg12138420_901269466626220_7404950519178535864_o.jpg全国の同胞や日本の友人たちに広く親しまれているブログ「にょにょのひとりごと」にリンクし、朝鮮高級学校への「高校無償化」適用と、大阪府・市の補助金支給復活を求めて毎週火曜日、大阪府庁前で行われている「火曜日行動」の詳細をレポートして頂きます。

10348541_1520136188230247_239733559659880483_n.jpg10348541_1520136188230247_239733559659880483_n.jpg日本の朝鮮学校に「高校無償化制度」が適用されることを願い、韓国での「火曜日行動」に参加する人々の姿を伝えるfacebookページです。タイムラインには毎週の火曜日行動や、その他朝鮮学校の子どもたちを応援するイベントの様子などがアップされています。

IMG_0610.JPGIMG_0610.JPG傍聴に駆けつけた朝高の生徒たち大阪府・市補助金裁判第20回口頭弁論 NEWアイコン08-01.png
8月9日(火)、四年の歳月をかけて争われてきた「大阪府・大阪市補助金裁判」がついに結審しました。この日も厳しい法廷闘争を共に闘い抜いた朝鮮学校保護者、同胞、卒業生、支援者ら139名が猛暑の中傍聴に駆けつけました。さらにこの日は、まさに補助金不支給の被害当事者である大阪朝鮮高級学校の生徒らが傍聴しました。法廷では過去19回の口頭弁論を通じ、様々な証拠や当事者らの尋問を通じて訴えてきた我々の主張を弁護団が128ページにも及ぶ最終準備書面として提出し、その中心内容を要旨陳述しました。

ファイル 2015-12-09 16 15 50.jpegファイル 2015-12-09 16 15 50.jpeg閉廷後に行われた裁判報告会高校無償化裁判第14回口頭弁論
12月の9日、最終局面を迎えた「高校無償化裁判」の14回目となる口頭弁論が行われました。前回、提出した「求釈明」に対する国の回答を受け、証人尋問の必要性について李承現弁護士が陳述しました。この日も満席となった傍聴席では、「当事者らの生活体験や、無償化除外を指示した当時の文科大臣に直接話を聞かずして当裁判が明らかにしなければならない本質を知る事は出来ない」と主張する李弁護士の陳述を朝鮮学校保護者や同胞、日本人支援者らが聞き入りました。裁判終了後には、弁護士会館前で恒例の報告会が行われました。

IMG_0494.JPGIMG_0494.JPG講師を務められた田中宏名誉教授田中宏先生講演会・裁判報告集会 
去る6月11日、東成区民センターにおいて「田中宏先生講演会・裁判報告集会」が行われました。高校無償化裁判と大阪府・市補助金裁判がともに大詰めを迎えている重要な時期に、今一度日本政府や地方自治体主導による「朝鮮学校外し」の差別的本質に迫り、法廷闘争を勝利へと導く闘いに拍車をかけようという趣旨で行われた講演会には、約400人の同胞、保護者や朝鮮学校卒業生、日本人支援者たちが集まりました。講演会では、東京での無償化裁判に加え、大阪での裁判にも鑑定意見書を出すなど多大な尽力をされている一橋大学名誉教授・田中宏先生が講師を務められました。

CIMG6174.JPGCIMG6174.JPG大阪朝高オモニ会の役員たち全国一斉行動・全国集会が行われました。
2月13日(土)、大淀コミュニティーセンターにおいて「全国一斉行動・全国集会」が行われました。あいにくの雨にも関わらず、近畿地方の朝高生たちや学校関係者と保護者たち、全国の支援者代表ら約450人が詰めかけ、「高校無償化裁判」の経過や、朝鮮学校を守るための取り組み内容などが各地から報告されました。近畿3校の朝高生代表が壇上で直接アピールを行う等、裁判闘争や運動の成果と共に今後の課題が共有される大変有意義な場となりました。

485c9a96245d8e8992b47d70c7e096d3.jpg485c9a96245d8e8992b47d70c7e096d3.jpg府庁前で行っている宣伝・抗議行動火曜日行動
毎週火曜日、大阪府庁前で朝鮮学校を支援するアクションが起こされているのをご存じでしょうか? 朝鮮学校に通う子どもたちの「等しく学ぶ権利」を守るためのこのアクションは「火曜日行動」と銘打たれ、日本人支援者や朝鮮学校保護者、学校関係者をはじめとする多くの心ある人々によって雨の日も風の日も休むことなく繰り返されています。参加者らはいつも、朝鮮学校児童たちの目の輝きを讃え、自らのアイデンティティーを肯定的に育む朝鮮学校の素晴らしさを訴えています。すべての子どもたちが共に育てる豊かな共生社会の実現を求め、火曜日行動は今日も続けられています。

グッズ販促.jpg

朝鮮学校を支援するチャリティーグッズの販売にご協力頂けるお店を探しております。
自薦他薦、業種などは一切問いません。ご協力頂けるお店を是非ご紹介下さい!!
お店のカウンター、レジ横など小さなスペースにバッヂの箱を置いて下されば結構です。
販売価格は1個200円です。この収益金はすべて朝鮮学校支援に充てられます。
みなさん、この機会に是非「ウリハッキョ支援」の輪ににご参加下さい!!

LinkIcon詳しくはこちら

20140513123202.jpg

無償化連絡会・大阪とは

2012年3月1日に、朝鮮高級学校への「高校無償化」適用を実現し、大阪朝鮮学園への大阪府・大阪市の補助金の復活をめざして、朝鮮学校関係者・支援する会・弁護士の三者のよびかけにより、200以上の団体・個人の賛同のもと、結成されました。裁判支援のほか、街頭宣伝・署名活動・府・市議会への働きかけ、集会や学習会、チャリティーイベントなど様々な活動をしています。

これまでの歩み
■2008年、大阪市内の朝鮮学校を支援する会6団体が集まって「アプロハムケネットワーク大阪」を結成。
■2011年6月、「即刻、朝鮮高校に〈無償化〉を! 6.23近畿集会」開催。
■2012年3月1日、「無償化連絡会・大阪」結成。
■2012年4月17日、大阪府庁前火曜日行動開始。毎週火曜日(12:00~13:00)に大阪府庁南側で補助金再交付を求めて、ビラまき・アピール・署名活動などを行っている(2016年6月21日、200回を迎える)。
■2012年11月、「朝鮮学校の子どもたちにステキな未来を~大阪朝鮮学校支援チャリティー・モアコンサート~」。
■2013年3月、「朝鮮学校ええじゃないか! 春のモアパレード」開催。
■2013年7月、「モンダンヨンピルコンサート in 大阪―朝鮮学校ええじゃないか!―」:出演:韓国・モンダンヨンピル
■2014年11月、「モアTRY!モアVOICE!~声よ集まれ!子どもたちの未来へトライ~朝鮮高級学校生徒に対する「無償化制度」の即時適用と府・市の補助金給付の早期再開を求める集い」開催。
■2014年2月、「朝鮮学校高校無償化・補助金裁判報告集会」。
■2014年5月13日、府庁前「火曜日行動」100回記念行動。
■2014年11月20日、大阪府一斉街頭行動。
■2015年2月20日、高校無償化全国一斉行動。
■2015年11月12日、今こそスクラム! 今こそトライ!―朝鮮学校を守るための裁判支援集会・大阪
■2016年2月13日、高校無償化全国一斉行動・全国集会(大阪市・おおよどコミュニティーセンター)
■2016年6月11日、田中宏先生講演・裁判報告集会。
■2016年6月21日、府庁前「火曜日行動」200回記念行動。

朝鮮学園を支援する
全国ネットワーク
10177304315749875240565_4742217827111232319_n.png10177304315749875240565_4742217827111232319_n.png