無償化連絡会・大阪

〜 子どもたちの笑顔と希望のために 〜

月別: 2019年1月

哀悼

日本軍「慰安婦」被害者の金福童ハルモニが2019年1月28日、永眠されました。
生前、金福童ハルモニは旧日本軍の「従軍慰安婦」問題に対する国際社会の関心を高め、戦時の性暴力が再び凄惨な被害をもたらすことのないよう、ご自身の痛ましい実体験を語り継ぐ事で国際世論を導いてこられました。
そして、その傍ら在日同胞たちの民族教育に多大な支援を惜しみなく送ってくださり、いつも慈愛に満ちた温かい眼差しでウリハッキョの子どもたちを見守ってくださいました。

金福童ハルモニと大阪ウリハッキョの子どもたちの出会いは2012年まで遡ります。当時の橋下徹大阪市長が旧日本軍の「従軍慰安婦」問題に関して「暴行、脅迫による強制連行はなかった」などと暴言を発した事に抗議し、発言の撤回と被害者への謝罪を求めて大阪での集会に参加し、生野朝鮮初級学校を訪問したのが始まりです。その際、児童たちに「日本の社会で差別があっても、萎縮することはない。堂々と生きなさい」と励ましてくださいました。そして全校児童にノートと鉛筆をプレゼントして下さいました。後日、児童たちから送られて来た手紙をハルモニは目を細めながら読まれたそうです。

それ以来、全国のウリハッキョを訪ねられ、子どもたちを励まし、支援を続けてこられたハルモニは、昨年9月27日には「高校無償化」裁判・高裁判決の言い渡しに合わせて再び大阪を訪れ、判決報告集会に参加した翌日、大阪朝鮮高級学校と台風被害のひときわ大きかった城北朝鮮初級学校を訪問されました。同じく旧日本軍「慰安婦」被害者である吉元玉ハルモニと共に城北ハッキョを訪問された金福童ハルモニは、幼稚班から初級部の児童まで子どもたち一人一人の手を温かく握り、優しく言葉をかけてくださいました。そして、真心のこもった義援金を校長先生に手渡されました。そればかりか、災害にも負けず健気に学ぶ子どもたちのことを気にかけ、11月にも市民団体である「金福童の希望」を通じて二度目の義援金を届けてくださいました。

昨年9月27日、「高校無償化」裁判。大阪高裁での不当判決を受け、憤懣に満ちた報告集会の壇上、金福童ハルモニは力強くこうおっしゃいました。
「私たちは10数年闘っているが、日本政府は全く身動きしていない。それでも私たちはいつか勝利する。だから学生さんたちもくじけないでください。どんなことがあってもあきらめてはいけない。朝鮮学校は生き残る。これから統一する。必ず勝利する日はやってくる!」
そして「ファイティン!」とこぶしを高く掲げました。
呼応する満場の参加者たちは、一緒になってこぶしを高く振り上げ、ハルモニたちの堂々とした姿に希望の光を見ました。そして、それぞれの胸に決意を新たにしました。

14歳から遠く異国の地で、たった一人の身寄りもなく、筆舌に尽くし難い苦痛に耐え生き抜いて来られたハルモニにとって、学校で学ぶことは「普通」のことではなく「叶わぬ願い」であり「夢」だったのでしょう。
だからこそ、戦時性暴力を撲滅し、二度と繰り返させないための運動に命がけでとりくむ傍ら、「学ぶ権利」を脅かされながらもウリハッキョで元気に学び民族の心を育んでいる子どもたちを心から愛おしんで支援してくださったに違いありません。病床でも最後の最後までウリハッキョの子どもたちを心配してくださったハルモニ。(Web版の『ハンギョレ新聞』に詳細記事)
「一生懸命勉強しなさい。」
ウリハッキョの子どもたちにいつもかけてくださった温かい言葉が、今も胸に深く響きます。
金福童ハルモニの気高い心、強い遺志は受け継がれてゆきます。
ハルモニの願った未来、ウリハッキョの子どもたちも差別なく平等に思い切り学べる社会が築かれるまで、私たちの闘いは続きます。

私たちのハルモニ、金福童ハルモニ、どうか安らかにお眠りください。

🔷インターネット新聞「민프러스」の関連記事

 

世界に訴える

2019年1月14日、5人のオモニたちと朝鮮大学校の学生、現職の朝鮮学校教員を合わせた7名の代表たちが「国連朝鮮学校学生・オモニ代表団」としてスイスはジュネーブへと飛び発ちました。
「子どもの権利委員会」対日本審査(1月16~17日)が開かれる国連の場で各国の審査委員たちに、日本での朝鮮学校に対する差別の実態を知らしめ、再び日本政府への勧告が出されるよう働きかけるためです。
全国の朝鮮学校保護者たちを代表して集ったオモニたちにとって、今回のロビー活動は単なるアピール行動ではありませんでした。2010年から依然として続く「高校無償化」法の適用除外、全国に広がる補助金支給停止や減額などの行政差別、挙句ウリハッキョの幼稚班に通う幼子たちまでも除外されたまま10月から始まる「幼児教育無償化」など、国や行政が主導して行われている差別政策が民族教育の運営状況に深刻な悪影響を及ぼしている現状について情報提供を行って明確に示し、国連委員たち自らが日本政府に対して強く示した通り、これらの事象が子どもたちの「等しく学ぶ権利」を著しく侵害している差別であると再度訴え、再び日本政府への「勧告」を引き出すための重要な役割でした。同委員会による対日審査は、1998年、2004年、2010年に次ぎ今回が4回目です。前回から数えて約9年ぶりの開催となりました。
二日間に及ぶ「対日審査」を通じて、あでやかなチマチョゴリに身を包み、審査会場である国連高等弁務官事務所で委員たちに資料提供を積極的に行うなどオモニたちの能動的な働きかけが、国連委員たちの認識に大きな影響を与える成果を収めた反面、日本政府の代表として質問に答えた文部科学省、厚生労働省、法務省の役人たちの態度は依然として無責任極まるものでした。
17日、南アフリカのスケルトン委員からなされた「2013年に社会権規約委員会が『高校無償化』制度を朝鮮学校に通う子どもたちにも拡大することによって教育に関する差別に対処するよう求めているが、他の人権条約委員会からの勧告に対処するため、どのような策が施されたのか」という質問に対し、文科省の代表は「「無償化制度は対象となる生徒を日本国籍に限定していない。日本国内に在住している朝鮮籍を含めた外国籍の生徒も含まれている。支援の内容も日本国籍の生徒と全く同じ内容であり、外国人学校に生徒が通う場合であっても法令に定める要件を満たしていれば支給対象となる。朝鮮学校については当時の法令によって定められた審査基準に適合すると認めるに至らなかったため無償化支給対象の指定にならなかった。あくまで法令に沿って判断したものであって、朝鮮学校に通う生徒たちの国籍によって差別したものではない。今後、朝鮮学校が法令で定める要件を満たせば、支給対象となる」などと、木で鼻をくくったような回答を繰り返すのみでした。
あくまでも事実を無視し、頑なに「差別ではない」と強弁する日本政府の代表団の回答に国連委員たちは懸念を表しました。日本国内メディアの反応も、政府が国連から度重なる「勧告」を受けているにも関わらず低調なものに終わりました。以下に、NHKによる数少ない記事の一つを引用します。

NHK  News Web

授業料無償化の朝鮮学校対象外 日本政府「差別には当たらず」

スイスで行われた子どもの権利委員会で、日本にある朝鮮学校が高校の授業料を実質的に無償化する制度の対象外とされていることについて、委員から質問があり、日本政府は、法令にのっとって判断したものであり、差別には当たらないと説明しました。

国連総会で採択された「子どもの権利条約」に基づいて設置されている権利委員会は、条約を批准している国の人権状況を調べる委員会をジュネーブで開き、16日から2日間にわたって日本について審査しました。

この中で委員の1人が、日本にある朝鮮学校が高校の授業料を実質的に無償化する制度の対象外とされていることについて「問題解決を求める声は国連の委員会でも上がっているが、何らかの対策をとっているのか」と質問しました。

これに対し、文部科学省の担当者は「朝鮮学校は、当時の法令にのっとって定められた審査基準に適合すると認められず、無償化の対象にならなかった。生徒の国籍を理由とした差別には当たらず、今後、法令で定める要件を満たせば対象となる」と説明していました。

文部科学省によりますと、制度が始まってからこれまでに、外国人学校42校を実質無償化の対象として認めた一方、朝鮮学校10校は対象外としていて、元生徒たちが国を訴える裁判も起きています。

会場には、子どもが朝鮮学校に通う保護者なども傍聴に訪れ、熱心に聴いていました。委員会では今回の審査を踏まえて、来月上旬に日本への勧告を行うことになっています。

それでも、世界が注目する国際会議の場で、日本政府の差別的政策の実態や国連勧告に対する不誠実な態度を暴き出したことの意味は決して小さくないでしょう。日本政府に対する「子どもの権利委員会」の総括所見は、現在進行中の会期終了後、2月7日頃発表されることとなります。
大阪では、来たる2月15日、「東成区民センター」大ホールにて、代表団による国連活動の報告会が開催される予定です。
ぜひとも会場に足を運び、民族教育が晒されている差別の現実と、日本へと注がれている国際社会の厳しい目を学び、感じてください。

司法の罪

🔳大阪府と大阪市を相手取り2012年9月20日から6年以上の長きに渡り争われてきた「補助金裁判」が昨年末に終結しました。
最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は、原告・大阪朝鮮学園の上告を退ける決定を下しました。これで学園側の訴えを棄却した1、2審判決が確定しました。決定は11月28日付。4裁判官全員の判断が一致した結論でした。
最高裁は弁論すら認めませんでした。

🔳大阪朝鮮学園は、1974年度から大阪府による助成を受けるようになり、1991年度からは「私立外国人学校振興補助金」の交付を毎年受けてきました。また、1988年度からは大阪市により「義務教育に準ずる教育を実施する各種学校」として補助金の交付を長年にわたり毎年受けてきました。

🔳ところが2010年の3月、当時の橋下徹大阪府知事は学園に対し、外国人学校の独自性や私立学校法に定められた「建学の精神」をも一顧だにしない不当な要件を補助金支給の条件として突きつけてきました。
しかも、朝鮮学園が民族教育の内容にまで踏み込む政治介入に対し苦渋の決断をして要件を満たし、申請したにも関わらず、子どもたちには何ら関わりのない外交問題を口実に2011年度分から補助金を完全に停止したのです。

🔳時を同じくして2010年から始まった「高校無償化」制度から朝鮮高級学校だけが除外されました。「全ての意思ある高校生」が対象だと政府自ら謳ったにも関わらず、子どもたちには何ら関わりのない政治的理由を持ち出し、国が率先して行った差別に対し、国連が度重なる「勧告」を出すなど国際社会も厳しい目を向けました。

🔳その後、2013年から今まで、長い歳月を費やし法廷闘争が繰り広げられましたが、2017年1月26日に大阪地裁、翌年3月20日に控訴審判決が言い渡されました。結果はあまりにも不当な「行政救済判決」でした。子どもたちの「等しく学ぶ権利」は完全に黙殺され、行政の裁量を限りなく広げた理不尽な解釈によって教育への公的補助を「贈与」に過ぎないと言い切る内容でした。「補助金の交付を受けられないことにより結果として朝鮮学校に通学する児童・生徒・保護者の学習環境の悪化や、経済的負担の増大などの影響が懸念されるところではあるが…、やむを得ない。」朝鮮学校の子どもたちは差別されても仕方ない。まるで官製ヘイトにお墨付きを与えた司法の責任放棄と言える内容でした。
そして今回、1審から「無理筋」を通し続け「教育の機会均等」を踏みにじる言い訳を繰り返してきた行政の差別を確定させてしまったのです。

🔳なぜ自国の言葉や文化、歴史を学ぶことが否定されなければならないのでしょうか?
なぜ朝鮮学校だけが、その教育内容まで問題視され、不当な要件を突きつけられなければならないのでしょうか?
「国民の税金を投入することに理解を得られない。」政治家や首長、文科省の役人たちが口を揃えて言い放った朝鮮学校への補助金不支給の口実。
在日コリアンたちには「納税の義務」はあっても「学ぶ権利」はないとでも言うのでしょうか?
理解を得られるような努力を微塵もせず、むしろ朝鮮学校に対する市井の蔑視や迫害を煽り続けた行政の振る舞いからは、大阪府や大阪市自らが謳う「共生社会」は決して実現されないでしょう。

🔳国が率先して差別し、司法が見捨てた大阪朝鮮高級学校は全国屈指のラグビー強豪校です。昨年11月18日、花園ラグビー場で行われた「第98回全国高校ラグビー大会」大阪府第2地区決勝戦で見事優勝し、全国大会への切符を手にしました。そして、全国大会では多くの声援を受け、堂々初戦に勝利する立派な戦いぶりを見せてくれました。大阪府代表として「全国」の舞台に立った朝鮮高級学校の生徒たちに他の高校生たちと同じ「学ぶ権利」が与えられない現実はあまりに理不尽で不当な差別だと言わざるを得ません。

🔳朝鮮学校は「開かれた学校」として地域社会に根付いています。半世紀以上にわたる民族教育の歴史の中で「共生」を実現しながら日本の皆さんと共に豊かな地域社会を築いてきました。
毎年、子どもたちが元気に学ぶ姿を見ることが出来る一般公開授業や、様々なイベントを通じて多くの方々が朝鮮学校と触れ合っています。

🔳ぜひ一度、最寄りの朝鮮学校に足を運んでみて下さい。
きっと日本学校で学ぶ子どもたちと何ひとつ変わらない子どもたちの笑顔に触れることができるはずです。
その目で直接、朝鮮学校の姿を確かめてみてください。そして、国や行政の差別を是正し、すべての子どもたちが平等に学べる社会を築くため、私たちと一緒に声をあげてください!!

⚫️ 最高裁判決への抗議声明

大阪朝鮮学園-抗議声明
朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪-抗議声明
大阪オモニ連絡会-抗議声明
弁護団-抗議声明

 

⚫️ 朝鮮学校イベントの案内

大阪府内の朝鮮学校で「学芸会」が行われます!
(informationページの下)
(詳しくは各学校までお問い合わせください。)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén