カテゴリー: 朝鮮学校

日朝学生交流のさきがけ

No Comments

日本体育大学のいわゆる「文化祭」である「第51回日体フェスティバル2017」が、2017年11月3日〜5日の三日間、横浜にある健志台キャンパスで行われています。
ここに、2013年から毎年、東京小平の朝鮮大学校・舞踊部が出演しています。同舞踊部のFacebookにアップされている以下の記事を引用します。

アンニョンハシンミカ!!

2014年度の様子。後列中央に松浪健四郎理事長。後列左から6番目に朝鮮大学校・チャンビョンテ学長。

日曜日も、祝日も朝大舞踊部は朝から元気に練習に励んでます!!
明日は日体大の学園祭で1.2年生が農楽《 豊年の喜び》を披露します。

2013年から始まり、朝大舞踊部の出演は今回で四回目となります

この期間実習等で忙しい中、2年生を筆頭に準備してきました!!
1年生としては今回が朝大に来ての、初の舞台となります
応援よろしくお願いします!

2013年から始まった出演は偶然ではありません。
元衆議院議員である松浪健四郎氏が理事長を務める日本体育大学が、朝鮮体育大学とのスポーツ交流を目的とした「朝鮮民主主義人民共和国 第一次遠征」を行なったのが2012年11月11日〜17日でした。「スポーツの力を基軸に、国際平和の実現に寄与する」と謳われた同大学の「使命」を全うする覚悟で松波理事長が臨んだ訪朝およびスポーツ交流は大成功を収めました。ひとえに同理事長の情熱が「国交がないゆえにスポーツ交流すらも許されていない」(朝鮮民主主義人民共和国第一次遠征報告書〜訪朝団団長・松浪健四郎 巻頭言より引用。※実際にはスポーツ交流の前例が数件ある。)とされた朝鮮民主主義人民共和国との親善交流を実現させたのは言うまでもありません。以下に、報告書〜巻頭言を引用します。

 私や学長をはじめ役員は自己負担とし、学生やドクター、トレーナー等の費用は寄付金からの支出とした。……4泊5日の滞在だったが、朝鮮政府は大歓迎してくれた。学生たちにとっては新鮮な国際交流を体験したばかりか、「世界平和」を痛烈に感じたにちがいない。きわめて意義深い「スポーツ交流」であった。私どもは、「国交樹立」まで、この交流を継続すべきだと考える。……

朝鮮中央テレビは、連日、試合中継とニュースで「日本体育大学」を伝えた。友好の始まりである。
そもそも、東京オリンピックを招致しようとするわが国が、近隣の国とスポーツ交流ができないなんて不自然すぎる。その壁を日本のスポーツ界をリードする日体大が打破する必然性もあった。JOC(日本オリンピック委員会)からも、招致活動の依頼もあり、私と学長はその協力を朝鮮政府から得たのである。
私たちは、マスコミを通じて本当の実態も識らないのに、イメージを構築して「偏見」を脳裏に宿らせる。「百聞は一見にしかず」であり、自分の足と眼で確認する必要がある。言うまでもなく「内政不干渉」が原則であり、朝鮮の国家体制については朝鮮国民が決めるべきもので、私たちの目的は親善のみだ。相互の理解を深め、信頼関係を築くことが大切、それは交流からスタートする。

スポーツを通じて善隣友好をはかる。純粋な願いが実を結び、多くの成果をもたらしました。日体大と朝鮮体育大学のスポーツ交流は2012、2013年に続いて2015年にも実現しています。3度目となった2015年には、恒例の朝鮮体育大学(以下、朝鮮体育大)との交流試合を行ったほか、朝鮮体育大との学術・スポーツ交流に関する協定に調印しました。
スポーツから始まった交流を文化芸術のジャンルでも。朝鮮大学校・舞踊部の出演は毎年、たいへん好評を博しているそうです。若い世代を中心に親善交流の萌芽が着実に拡散してゆくでしょう。

以下に、上記「第一次遠征報告書」に掲載された学生の報告を紹介いたします。

 

サッカー選手団報告

日朝スポーツ交流に乾杯 ー両国の友好関係の進展を願ってー

◯◯ ◯ (4年)

2013年11月の第2次遠征。朝鮮体育大学とのサッカー親善試合。

朝鮮遠征を通して強く感じたことは、まさに、「百聞は一見に如かず」ということです。朝鮮へ行く前は、日本での報道などから得た情報やイメージで自分の中での印象はあまりよいものではありませんでした。しかし、実際に5日間滞在してみると、人々は優しく、自分たちを温かく受け入れてくれました。
サッカーの交流試合では、4万人の観客は試合中も試合後も大きな声援を送ってくれ、サッカーを心から楽しんでいるように見えました。また、試合後、握手した観客の子どもたちの笑顔は一生忘れられません。
答礼宴では朝鮮体育大学の監督さんとたくさんサッカーの話をし、また必ず試合をしようと約束もしました。  サッカーを通して交流し、少しですがわかりあえたような、朝鮮の人々に対してとても良い印象を持ちました。
当然ながら日本との違いやお互いの国の距離を感じる出来事もありました。
午前中の練習を終えて金日成競技場から高麗ホテルへ帰る際に、車も人影もなにもない日がありました。通訳の方になぜかと聞いたら、韓国でアメリカと韓国が合同軍事演習をしているのでいつ攻めてきてもいいように備えている、日本とアメリカが軍事演習をしているときも同様であると聞き、自分にはとても悲しく衝撃的でした。
今回のような交流をきっかけに、両国の関係が良い状況になっていけたらいいなと思います。
とても貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

 

 

Categories: 朝鮮学校

補助金支給打ち切りは差別

No Comments

1月29日付の「神奈川新聞」に、神奈川朝鮮中高級学校への学費補助を停止した県の措置を「差別」だと批判した高橋哲哉教授の記事が掲載されました。

去る10月27日、横浜市中央区・市開港記念会館で開かれた神奈川県弁護士会主催の「朝鮮学校の高校無償化除外と補助金問題を考える」講演会で、講師の高橋哲哉・東京大学大学院教授(哲学)は「県による補助金支給停止の措置は憲法や国際人権法に反する差別だ。支給を再開するべきだ」と批判しました。
神奈川県は、教科書に拉致問題の記述がないことを理由に昨年度、県内の朝鮮学校に通う児童・生徒に対する学費補助金の交付決定を留保し、今年度については、予算案にも計上しませんでした。高橋教授は神奈川朝鮮中高級学校で使われている副教材を紹介しつつ「拉致問題が日朝の歴史を踏まえ、日本の学校以上に丁寧に教えられている。なぜ教科書に書かれていないという理由で差別的に扱えるのか理解できない」と県側の理不尽な口実に疑問を投げかけ、教育内容に不当に介入する姿勢も批判しました。
教育と国家の問題について第一人者であり、愛国心教育を批判する著書「教育と国家」を執筆した高橋教授は無償化除外の問題と補助金不支給の問題は「言葉や文化、歴史を奪い日本への同化を強いた植民地支配当時の反復」だと指摘しました。
また、教授は戦前から続く政府の民族差別的価値観や安倍政権下で強まる歴史修正の動きと北朝鮮への敵視政策がヘイトスピーチまではびこる社会の背景にあると語りました。朝鮮学校に対する差別政策を止めるには「民族教育権をはじめマイノリティーの権利保障は憲法や国際人権法で確立された原則だと認識を共有する必要がある。同時に植民地支配の責任に向き合うために歴史を知らなければならない」と市民社会に呼びかけました。

講演会では、神奈川朝鮮中高級学校の生徒も登壇し「面会した県の職員から差別などしていないと言われ、疑問と憤りを覚えた」と訴えました。
この講演会の同日、2016年度に打ち切られた補助金の支給再開を申し入れるために、川崎朝鮮初級学校の保護者と教職員が県を訪れていました。そこでも県私学振興課の担当職員は「特別扱いのつもりはない」と言い放ったそうです。「数ある外国人学校の中で教科書の記述が問題視され、補助金が支給停止にされたのは朝鮮がこうだけだ。『補助制度は子どもの学ぶ権利を等しく保障するのが目的であるはずなのに朝鮮学校に通っているというだけで権利が侵害されている。自らが設けた制度の趣旨に反しているという矛盾になぜ気がつかないのか」と保護者代表の一人は嘆きました。
神奈川県は「人権施策推進指針」の中で「誰もが個人として尊重され、機会の平等を保障され、排除されることのない社会を目指す」と謳っている。
保護者と教職員らは「他の子ども達と同様に自国の言葉と文化、歴史を学べる環境を作って欲しい。多文化共生、人権擁護のため、差別のない補助金支給を求める」と訴えました。

Categories: 朝鮮学校

イベント情報

No Comments

この秋、朝鮮学校で行われる様々な企画。
ぜひ、ご自身の目で民族教育の本当の姿をお確かめ下さい!

※台風の影響でスケジュールの変更があります。ご確認ください。

Categories: 朝鮮学校

民族教育のためにつないできたバトン

No Comments

統廃合のため、県に唯一の朝鮮学校がすでに門を閉ざした鳥取県で、民族教育を支援する取り組みが今もなお続いている。
朝鮮新報に取り上げられた記事の一部を以下に紹介する。

民族教育のためにつないできたバトン / 30回目を迎えた鳥取県チャリティーゴルフコンペ
〜 一人が十人分を 〜

 山陰地方で唯一の朝鮮学校である「山陰朝鮮初中級学校」が1999年、倉敷朝鮮初中級学校(当時、現「岡山朝鮮初中級学校」)に統合された。その後も山陰地方の同胞たちは民族教育のために愛のこもった惜しみない援助を変わりなく続けてきた。「第30回民族教育を支援する鳥取県チャリティーゴルフコンペ」が去る10月3日、同県西伯郡のゴルフ場で行われた。…ここに同胞たちと日本市民124名が参加した。収益金は岡山と広島の朝鮮学校と、山陰地方の青年商工会が主催する「土曜児童教室(在日コリアンをルーツに持つ子どもたちの中で日本の学校に通う児童たちを対象に、毎週土曜日、民族の言葉や文化を学ぶ自主運営の教室)」の運営費に充てられる。
 元来、山陰朝鮮学園を支援する目的で始まったチャリティーゴルフは約10年の間、学校所在地である島根県と隣接した鳥取県で隔年で行われてきた後、二つの県でそれぞれ単独開催されるようになった。各団体で実行委員会を立ち上げた鳥取県では98年から県の商工会が主導で組織運営してきた。
 地域の同胞数が約1千人(現在)である鳥取で毎年チャリティーゴルフを開催するのは容易ではない。同胞数が多い地方に比べると「鳥取県では一人が十人分の仕事をしなければならない。」と、ある同胞が言う。ときには「何年かに一回の開催にしてはどうか。」という声も聞こえる。
 「それでも結局は『活動として毎年続けなければいけない』という意見が大勢を占めるてきた。もし、1年でも空白が生じたらどうなっていたことか…。」県商工会のシン・ヒョンド理事長は熱心な同胞たちが一心団結して苦難を乗り越えてきた道のりを振り返る。
 この地の同胞たちは地域に朝鮮学校がないとしても自分と子どもたちをまっとうな朝鮮人として育ててくれた民族教育に対する感謝の気持ちを常に抱いてきた。毎年、チャリティーゴルフの参加者たちのために食事を準備する女性同盟メンバーの中には他の地方出身女性も少なくないが、彼女らは口々に言う。「『ウリハッキョ』のためなら惜しいものはない。」
 県商工会のヨ・ジョンス理事によれば毎年チャリティーゴルフを組織するにあたり、地域に根ざした対外事業が不可欠だと言う。「いくら情勢が厳しくても日本の人たちと常にふれあい、信頼関係を築いてきた。」また、ゴルフ当日には広島朝鮮歌舞団の公演などを通じて朝・日友好親善を促している。そういった過程で日本の人たちの間に朝鮮学校に対する関心が深まり支持の輪が拡大されている。
 元鳥取県教職員組合委員長の加藤和徳氏(日朝学術教育交流協会)はチャリティーゴルフに10回以上参加してきた。彼がイベントを積極的に支持する背景には「日本人たち自身が植民地支配の責任を取らなくてはならない。」との使命感もあるが、それよりもなお彼の心を揺さぶるのは「同胞の子どもたちのために奮い立つ大人たちの熱い姿」だった。
 商工会会員たちと交流が深い井上敦文氏は「国と国の関係を飛び越えた民間交流が大切だ。困っている友だちを助けてやるのが本当の『親友』だ」と言う。
 毎年、チャリティーゴルフ参加者のうち70%を日本人が占める。過去最大規模は2004年。参加数は180名にのぼった。

……

日本の各地で、同胞たちと日本の方々の「交流の輪」、「連帯の輪」がウリハッキョを、子どもたちを支え続けている。

Categories: 朝鮮学校

“One Team”大阪の優勝に貢献

No Comments

9月30日から愛媛県で行われている「第72回国民体育大会」(国体)の少年男子ラグビー部門で、大阪が見事優勝した。
高1時代、230人から始まったセレクションを経て、23人まで絞られた選抜チームに大阪朝鮮高級学校ラグビー部から3名の選手が選ばれた。その3名は大会全試合に出場し、優勝に大きく貢献した。
また、東京朝高ラグビー部員1名が東京の地域代表に選出された。

大会は15チームによるトーナメント戦。大阪は1回戦で神奈川に35-7、2回戦で石川に12-7、準決勝で島根に42-14、決勝で京都に31-12で勝利し、優勝を飾った。チームが掲げたキーワード“One Team”にふさわしい「団結力」で全試合快勝した。

チームの監督や、他校から参加したチームメイトたちの信頼は厚く、民族や文化を飛び越えて“One Team”として最後まで共に戦う中で確かな連帯感が生まれた。それでもこの大会が終われば「花園」を競い合うライバル。強豪校同士、練習や試合から感じ取った「意識の高さ」は互いの刺激となり、収穫となった。

今大会には四国初中の児童、生徒たちが激励のメッセージを書いた色紙を持参して応援に駆けつけた。「どこに行っても同胞たちが応援してくれる。一つひとつのサポートが本当に力になる」。大阪朝高キャプテンは大きな期待に応えるため、大阪朝高として「全国大会」の舞台を目指し、気持ちを切り替えて練習に励んでいきたいと語った。

Categories: 朝鮮学校

新米到着

No Comments

21年目を迎えた草の根の朝鮮学校支援活動。
「1%の底力で朝鮮学校の民族教育を支える会」が中心となり、「朝・日親善平和の糧」と銘打ったイベントを企画。朝鮮民主主義人民共和国への人道支援活動として収穫したお米を送ったのが始まりです。やがて、日本政府による「経済制裁」により民間支援の道さえも閉ざされてしまいましたが、地域社会での「朝・日親善交流」及び南大阪朝鮮初級学校(企画開始当時は「西大阪朝鮮初級学校」)児童たちの「農業体験課外活動」としてこれまで続けてきました。
今年5月21日には同会のメンバーに加え、地域同胞や学校児童たちも参加し「田植え」が行われました。

そして季節は移り収穫の秋。去る9月25日、たわわに実った稲は刈り取られ、10月3日に同会の伊関要さんが新米をハッキョに届けてくださいました。
今年は天候にも恵まれ5月に植えた苗がすくすくと育ち120㎏も取れました。
校長先生に贈られたお米は、まずは学校給食として児童、園児たちに振る舞われ、毎年秋の恒例行事「カウルマダン(秋祭り)」で格安販売もされます。
収穫された稲のように朝鮮学校との交流は、地域社会にしっかりと根を下ろし毎年素晴らしい実りをもたらしています。

Categories: 朝鮮学校

朝鮮学校・秋のイベント

No Comments

◾️大阪府内10校の朝鮮学校で催される「秋の企画」をご紹介します。直接見て、聞いて、朝鮮学校を身近に感じとって下さい!

※各イベントの詳細は、直接学校までお問い合わせ下さい。

Categories: 朝鮮学校

長谷川さんの全国行脚・大阪編

No Comments

◾️「高校無償化からの朝鮮学校排除に反対する連絡会」の長谷川和男代表が6月20日から始められた「無償化排除反対を広く訴えるための全国行脚」。
全国のウリハッキョを巡りながら、地域社会に根付いた民族教育の「生の姿」に接し、児童・生徒や先生方、保護者たちとのふれあいを通して朝鮮学校の意義を広めるために今も続けられています。
そして、大阪でも全10校を無事訪問されました。
以下に、長谷川さんのFacebook投稿記事を引用します。
長谷川さん、本当にお疲れ様でした。そして、これからもお身体に気をつけて頑張って下さい。

……
9月19日の最後の学校訪問は、今年度70周年を迎える中大阪朝鮮初級学校でした。校長先生が温かく迎えてくださり、早速歴史資料室に案内してくださいました。素晴らしい資料室で、これぞハッキョの歴史、在日の歴史がぎっしり詰まっています。1945年、日本の敗戦は、在日朝鮮人にとって35年間の植民地支配から解放された日でした。中大阪朝鮮初級学校の歴史は、国語教習所から始まって最初「東成朝鮮学園」としてこの地に建てられました。それが日本政府の学校閉鎖令によって「大阪市立西今里中学校」、さらに「中大阪朝鮮初中級学校」、そして現在の「中大阪朝鮮初級学校」へと変遷してきましたが、一度も移転せず、この地に立ち続けているのです。まさに戦後の朝鮮学校が味わってきた苦難と喜びの波瀾万丈の歴史を観ることができる学校でした。全国の朝鮮学校は、大変だと思いつつ、この学校の資料室のようなものをつくるべきだと痛切に感じました。貴重な在日の歴史、とりわけ世界に類を見ない朝鮮学校の歴史を埋もれさせてはならないと強く思いました。
……
次に城北朝鮮初級学校を訪問しました。城北ハッキョは日本の朝鮮学校で一番古い木造校舎(ただし中に一部鉄筋も使われているので、地震には強い。)です。…スクールバスが3台が稼動。学区はかなり広く、校長先生は「城北ハッキョは、となりの特別支援学校とは学期に1回交流し、森口市立寺方小学校とは、35年間交流しています。」と胸を張っていらっしゃいました。交流が現在も続いているのが、素晴らしいと思いました。こうしたハッキョが増えるといいですね。
……
大阪朝鮮高級学校はラグビーの花園競技場の近くにあります。生駒山がすぐ近くに迫っている風光明媚なところに建っていました。尹誠進校長先生に出迎えられ、広い応接室でじっくりお話しをうかがうことができました。校長先生は、「知性を高めよう!物事の真実を判断できる力を高めよう!」を教育の最大の目標に掲げ、正確な朝鮮語を身につける母国語教育を重視していると語っておられました。先生方も、教員の資質を高める努力を不断に行っているそうです。
「ただ最大の問題は、生徒数の減少です。その最大の原因は少子化も有りますが、お金の問題も間違いなく有ります。」と先生はおっしゃっていました。私も同感です。全国を回ってオモニがダブルで働かざるを得ない実情をつぶさに見てきました。何としても無償化裁判に絶対勝って、補助金カットの流れを変えなければならないと強く思いました。
……
9月23日(土)起床4時。昨日の東中と大阪朝高訪問で大阪の朝鮮学校10校訪問が終わりました。第1次全国行脚(6月20日~7月29日)は14校、歩行距離400キロメートル。第2次全国行脚(8月31日~9月12日)は9校、歩行距離75キロメートル。第3次全国行脚は途中ですが、現在10校46キロメートルになりました。現時点で訪問した朝鮮学校は、合計33校歩行距離、歩行距離521キロメートルになりました。これから次の訪問先の和歌山に向かいます。たまっている原稿を、和歌山駅近くのホテルを見つけて仕上げようと思います。
……
朝鮮学校の子どもたち、校長先生はじめ多くの先生方、学校関係者の皆さん、オモニ会、アボジ会の皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

Categories: 朝鮮学校