子どもたちの「学ぶ権利」を守るために行動しましょう!

大阪府・大阪市の補助金再交付を求める裁判が去る8月9日に結審しました。2017年1月26日、ついに判決の時を迎えます。
高校無償化裁判も10月14日に証人尋問が行われ、2017年2月15日に最終意見陳述を経て結審します。
「朝鮮学校の子どもたちにも等しく学ぶ権利を。」4年にわたる裁判を通して私たちが訴えてきたのは、ごく当たり前のたったひとつのことでした。
今、民族教育を守る闘いの意義とともに国際化時代の中で「多文化共生」を謳う日本社会の姿が問われています。
すべての子どもたちが共に学び、共に育つ社会を実現させるため、いっしょに声をあげましょう。

最終版.jpg子どもたちの学ぶ権利を守る三つのAction

First action→地域別街宣行動
10月20日(木):大阪府内8箇所で街頭宣伝活動

Second action→大阪一斉街宣行動
11月10日(木):午後6:30〜7:30
JR大阪駅北側・ヨドバシカメラ梅田前
●行動内容は、マイクアピールとチラシ配りです。(集会やデモ行進は行いません。街宣行動終了後は現地解散)

Third action→要請ハガキ行動
「高校無償化裁判」と「大阪府・大阪市補助金裁判」において裁判所の公正な判決を求める内容の「要請ハガキ」を送りましょう!
●あて先と基本的な文章が印刷されたハガキを「朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪」が準備し広く配布します。
(宛先:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪事務局 〜 〒537-0021 大阪市東成区東中本3-17-6)
●切り離して二枚のハガキとして、皆さんが思い思いのメッセージを書き込み、それぞれ52円切手を貼って投函して下さい。
 または、「大阪朝鮮学園」関係者か「無償化連絡会・大阪事務局」関係者に直接手渡して下さい。

2017年1月26日、補助金裁判の判決が言い渡されます。皆さん!三つのActionで「すべての子どもたちが等しく学べる権利」を勝ち取りましょう!!